ソーシャルメディアポリシー

Social Media Policy

2020年8月1日

浜名湖カントリークラブ

浜名湖観光開発株式会社

代表取締役社長兼理事長

藤田 正治

私たち浜名湖カントリークラブ(以下「当クラブ」といいます)は、ソーシャルメディアを積極的に活用し、会員の皆さま及び地域の皆さまに対し、正しい情報を伝えてゆくことを重要な使命と認識しております。その時に、様々な権利に配慮し、責任を持った情報発信を行うため当クラブにて「ソーシャルメディアポリシー」(以下「本ポリシー」といいます)を作成し、ここに掲げます。
当クラブの従業員及びスタッフが本ポリシーを念頭に、一人ひとりが責任を持って、ソーシャルメディアを使った情報発信を実行いたします。

1.

ソーシャルメディアの定義

ソーシャルメディアとは、ブログ, Twitter, Facebook,Instagram等に代表される、インターネットを利用して誰でも手軽に情報を発信したり、相互のやりとりが出来る双方向のウェブメディアをいいます。

2.

本ポリシーの適用範囲、対象

本ポリシーは、当クラブにて従事する全ての従業員及びスタッフに適用されます。

3.

当クラブが取り組むソーシャルメディア(公式アカウント一覧)

■ブログ  https://hamanakocc.hamazo.tv/

【運用担当者】ブログ担当者

【運用責任者】副支配人 鈴木賢一

【取り組む目的】

  • 当クラブの各種イベント情報、予約状況などをタイムリーかつ正確に発信することで、当クラブの信用向上、認知拡大を高めるため。
  • 「コメント」機能を通じ、閲覧者の皆さまと双方のコミュニケーションを図るため。

4.

ソーシャルメディアによる情報発信における「自覚と責任」

  • インターネット上での情報発信は、不特定多数の利用者が閲覧可能であることを常に認識して行動します。
  • 一人ひとりの情報発信が大きな影響力を持っていることを十分に認識します。
  • 情報発信にあたっては、法令及び当クラブが定める社内規程(「就業規則」など)を確実かつ厳格に遵守します。
  • 情報はあくまで発信時点現在のものであり、その後、変わる可能性があることを認識します。
  • ソーシャルメディアを通じ、当クラブスタッフが閲覧者をはじめとする地域の皆さまとのコミュニケーションを図り、より良い関係を構築していくことが、当クラブのブランド(信頼性、親近感、好意)の向上に多大な貢献をもたらすことを常に認識します。

5.

ソーシャルメディア参加にあたっての心構え

  • 当クラブの認知を高め、より身近に感じていただきながら、閲覧者にとってより良い情報を発信するため、当クラブスタッフはソーシャルメディアに取り組みます。
  • 会員様など、当クラブに関係する皆様、閲覧者のそれぞれの立場を尊重したコミュニケーションに努めます。
  • 閲覧者の発言、コメントに対し常に傾聴の姿勢を忘れません。
  • 良識を持った振る舞いをし、前向き(ポジティブ)なコミュニケーションを実施します。
  • 当クラブが発信する情報の内容や当クラブの対応に責任を持ち、閲覧者に誤解を与えないように注意します。
  • インターネット上に一度公開した情報は、完全に削除できないことを理解した上で情報発信を行います。不正確な情報、他人を傷つけるような情報の発信は行いません。当クラブの機密・秘密情報など、当クラブ及び第三者の不利益になるような情報発信は行いません。
  • ソーシャルメディアを活用した発言が、自分だけでなく当クラブにとっても多大な影響を与えることを理解し、当クラブスタッフとして良識を持った振る舞いを心がけます。
  • 誠実で正直であるよう努めます。万一、誤った情報や誤解を招く表現をしてしまった場合には、速やかに訂正します。
  • 日常業務における責務を果たした上で取り組みます。

6.

各種法令の遵守

  • 関連法令を遵守します。公序良俗に反した情報、違法性のある発信、投稿を行いません。
  • 他人、他社など、第三者を誹謗中傷、非難、批判する情報の発信を行いません。特に、第三者の著作権、肖像権(パブリシティ権)、商標権、名誉、プライバシー、その他の権利を侵害するような情報の発信は行いません。
  • 第三者の発信内容・記事等を引用する場合は、引用の可否を発信者に確認し、引用する場合は、その出所及び引用部分を明示します。

7.

個人情報保護とプライバシー

  • 個人情報の取扱いに当たり、当クラブは「個人情報の保護に関する法律」を遵守します。
  • お顔の入った画像情報はじめ、個人情報を掲載させていただく場合は、掲載に当たり、あらかじめご本人様の同意を必ず得ることとします。

8.

免責事項

前述の公式アカウント以外で、当クラブスタッフ個人が個人のソーシャルメディア上で情報発信を行った場合、発信された情報内容は、あくまでその本人個人の考えです。当クラブとしての正式な見解や回答ではありません。あらかじめご了承ください。

ただし、当クラブスタッフ個人が個人のソーシャルメディア上で情報発信する場合、当クラブスタッフに、本ポリシー「10.個人の所有するアカウントに関するガイドライン」を徹底させることとします。

9.

閲覧者の皆様へのお願いとご注意

  • ソーシャルメディアの媒体特性などによって、対話の仕方(返答可否、方法、対応時間など)は異なります。当クラブが取り組むアカウントについては、本ポリシー「3.当クラブが取り組むソーシャルメディア(公式アカウント一覧)」をご参照ください。
  • 閲覧者など、当クラブスタッフ以外の方が投稿、コメントされた情報について、当クラブが制作するウェブサイトなどに引用させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • ソーシャルメディアにおける情報は、発信時点のものであり、現在の時点で変更されている場合もございます。ご注意ください。

10.

個人の所有するアカウントに関するガイドライン

当クラブスタッフが個人で使用する各種ソーシャルメディア・サービスのアカウントの説明やプロフィールに、当クラブ関係者であることを明記するかどうかは、各人の判断に委ねます。ただし当クラブではアカウントの説明やプロフィールに当クラブ関係者であることを明記している場合には、当クラブスタッフは以下のガイドラインに従うこととします。


(1)  浜名湖カントリークラブに属していることを正しく表記すること

当クラブ関係者が個人で利用するソーシャルメディア・サービスのアカウントの説明(例:プロフィール)には、当クラブに所属・勤務していることを正しく伝えるために、業務に支障がない範囲で、部署や役職、職種を明記することを推奨します。ただし、各人が利用するソーシャルメディア・サービスのプロフィール全てに明記する必要はありません。必要に応じて判断します。


(2)  当クラブとしての正式な見解や回答ではないことを明示する

ソーシャルメディア上での投稿が、あくまで個人としての投稿であり、会社としての正式な発言や見解、回答ではないことを、アカウントの説明(例:プロフィール)で明記することとします。また認識の齟齬を避けるために、必要に応じて個別の投稿に、当クラブとしての正式な発言や見解、回答ではないことを明示することとします。


(3)  常に良識ある発言・投稿を心がける

ソーシャルメディア上での活動は、各人の自由です。ただし、当クラブ関係者であることを明記している以上、各人が発する発言や投稿は、当クラブの信頼性やブランドに大きく影響していることを心がけて、常に良識、責任ある発言、投稿を心がけます。

11.

本ポリシーの改訂

当クラブでは時流や将来性などを踏まえ、その時々のソーシャルメディアを活用します。

新たなソーシャルメディアを使って、情報発信を行い場合など、適宜、本ポリシーを見直し、改訂を行い、最新版を保ちます。最新のポリシーは常に当クラブのウェブサイト上にて公開致します。

12.

ソーシャルメディア取り組みに関するお問合せ

本ポリシーの内容及び、当クラブのソーシャルメディア取り組みに関するご意見、お問い合わせは下記までお願い致します。

浜名湖観光開発株式会社 副支配人 鈴木賢一

メールアドレス:

※@の後ろの半角スペースを削除の上お問合せください。

Page Top